【現役ライターが解説】Webライターの仕事例や必要なスキルを徹底解説

ロジムラ
はじめまして、フリーランスWebライターのロジムラです。
副業解禁の流れがあり人気が高まっているWebライターですが、実際にどのような仕事をしているのか不明な点が多いですよね。
この記事では、Webライターの仕事例・案件例Webライターを始めるために必要なスキルを徹底解説します。
かなり具体的にイメージしやすくなると思います。
ねこ
Webライターを始めるために知っておきたい情報を書いてるよ。

Webライターとは?

Webライターとは、メディアやブログに掲載するための記事を執筆するお仕事です。

フリーランスや副業として取り組んでいる人が多く、個人や企業からお仕事を受注します。

ネット環境とパソコンがあれば始めることができるので、副業として人気が高まっています。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事は、ただ文章を書けば良いわけではありません。

「○○について書いて欲しい」と依頼されるのですが、依頼者が本当に求めているのは記事では無く、その記事がもたらす成果なのです。

記事を読んでくれた人が商品を購入したり、サービスに登録したりしてもらうために記事を書きます。

それを踏まえた上で仕事内容を紹介していきます。

・インタビューを行いその内容をもとに記事を書く
・商品やサービスを紹介する記事を書く
・検索した人の疑問や問題を解決する記事を書く。(例)「ワインの選び方」で調べた人にワインの選び方を記事で教える。
・商品名やキャッチコピーを考える(コピーライティング)
・ゲームやYouTube動画のシナリオを書く(シナリオライター)
この仕事内容の他にも、記事に入れる画像を選んだり、すでに書いてある記事の添削や修正などもあります。
ねこ
簡単な仕事だと、音声の文字起こしなどもあるよ。
ロジムラ
まずは自分が好きなモノや趣味に関する仕事をするのがおすすめです。

Webライターの収入

Webライターの収入は基本的に文字単価で決まります。

文字単価とは1文字1円のように自分が書いた記事の文字数×文字単価で報酬をいただくことができます。

初心者:¥0.1~¥1.0
中級者:¥1.0~¥5.0
上級者:¥10~¥?
これからWebライターのお仕事を始める方は文字単価の目安を最低でも¥0.5にしてください。
「初めてだから文字単価は¥0.1でも仕事をしてみたい!」という人をよく見かけますが、おすすめしません。
文字単価が¥0.1の場合3,000文字書いても¥300にしかなりません、文章を書く事になれていないと3,000文字書くのに8時間もかかってしまう場合があります。時給計算でたったの¥37.5です。
8時間かけてがんばって書いた仕事の報酬が¥300ではモチベーションが上がらずに挫折してしまいます。
ロジムラ
私が初めていただいた仕事の文字単価は¥0.8でした。
ちなみにライター歴3年目の私の月収推移はこちらです。
1か月目:¥8,300
2か月目:¥25,980
3カ月目:¥64,150
5か月目:¥143,600
1年目 :¥238,300
始めの3カ月までは副業として取り組んでおり、週に20時間程ライティングをしていました。
ねこ
初心者の人はスクールに入るのもありだよ。

Webライターの仕事例

では、実際にどのような仕事があるのか具体例を紹介します。

①文字単価1.5円/1500文字 IT用語・プロジェクトマネジメントの用語解説記事の作成
②文字単価3円/3,000~5,000文字 SEOライター・婚活ジャンル/経験者のみ
③あなたの恋愛体験談を教えてください。 500文字300円
①・②はある程度の文字数があり、クオリティの高い記事を納品すれば継続して発注をしてくれるようなお仕事です。
③のようなお仕事は単発なので、これからWebライターとしてお仕事をするのであれば①や②のような継続して発注をしてくれる案件を探しましょう。
ねこ
まずは実績をつくってから高単価な案件に応募しよう。

Webライターの始め方

Webライターの仕事に必要なものはネット環境とパソコンだけです。

クラウドワークスやランサーズに登録し、仕事を受注できれば、あなたも今日からWebライターです。

基本的にWebライターは文字を読み書きする事が出来れば誰でも始められますが、たくさん稼ぎたい人はそれなりにスキルが求められてきます。

たくさん稼ぎたいWebライターに必要なスキル

Webライターとして収入を上げるために必要な基本的なスキルを紹介していきます。

自分の好きな分野に対する知識や興味

Webライターの仕事は特定の分野やジャンルに関しての情報をまとめたり、情報を解りやすく文章にしたりする事が主な仕事です。

特定の分野やジャンルが自分の好きな趣味、興味のあるジャンルだとより文章を書きやすくなります。

例えば、魚釣りが趣味の場合「海釣り ルアーの選び方」についての記事を書くことができます。

このように自分の経験や知識が活かせる仕事をしていくことでクライアントの信頼を得ることができます。

ロジムラ
私の場合パソコンが好きだったので、パソコンに関する記事を執筆していました。
ねこ
好きなコトや趣味だけではなく、専門的な知識がある分野だと文字単価が上がりやすくなるよ。

論理的でわかりやすい文章を書くスキル

Webライターに求められるモノは誰が読んでも解りやすい文章です。決して小説家の様に自分の個性を表現する文章ではありません。

記事に関する情報を集め、論理的でわかりやすい文章を簡単な言葉を使い説明できるスキルが必要です。

 

ロジムラ
論理的な文章とは、整理された情報を順序だてて、解りやすい表現にした文章です。

SEOの知識

SEOとは、Googleで検索した際に出てくる検索結果の順位を上位に記事を表示させるためのスキルです。

この検索順位を今よりも上位に表示させることでよりたくさんの人に記事を読んでもらえます。

ライターはSEOの知識やスキルを使い検索順位が上がりやすい文章を書くことができれば様々なクライアントから引っ張りだこになり、もちろん文字単価も上がっていきます。

少し難しく感じるとは思いますが、初めの段階ではSEOについてまったく知らなくても大丈夫です。

まずは読んでくれる読者のためになる記事を書くことを意識しましょう。

ねこ
SEOのスキルを使うライティングをSEOライティングと言ったりするよ。
ロジムラ
Webライターを始めたての人はまずこちらで紹介した本を読んで勉強することをおすすめします。
勉強におすすめの本

  ロジムラ こんにちは!フリーランスWebライターのロジムラです。   私は現在ライターとして活動しており、フリーランスとして生活をしているのですが、初心者の頃は様々な記事を読[…]

自己管理能力

Webライターとして仕事をする上で納期は必ず守らなければいけません。

Webライターの方で、納期を守らずに最終的には連絡をぶっちぎって飛ぶ人も少なくないのが現状です。

キチンと納期までのスケジュールを守り、自分で決めたスケジュールをこなしていける自己管理能力が必要です。

ねこ
Webライターの仕事に慣れるまでは、余裕のある仕事の取り方をしようね。
ロジムラ
たくさん稼ぎたいからといって無理な仕事量を抱えるのはやめましょう。

 

Webライターに向いている人の特徴

現役のフリーランスWebライターとして活動している経験からこの仕事に向いている人の特徴をあげます。

・一人でパソコン作業をするのが好き
・文章を書く事が好き
・向上心がある
・知的好奇心が旺盛
・情報発信が好き

基本的には文章を書く事が好きな方はWebライターに向いています。特別なスキルよりも好きといった感情が自分を高めてくれます。

ねこ
好きこそモノの上手なれだよ。
ロジムラ
もちろん好きな時間と場所で働きたいといったモチベーションも大切です。

 

Webライターの仕事を受注する方法

Webライターの案件を受注する方法は様々ありますが、初心者の方が初めての案件を受注するための流れを紹介していきます。

ステップ1:クラウドソーシングサイトに登録する。

まずは仕事を探すためにクラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングとは:仕事を誰かに頼みたい個人や企業が案件を掲載し、受注者が案件に応募するといったサービスです。

 

・ランサーズ
・クラウドワークス

ステップ2:案件に応募する

登録が完了したら、自分の興味がある・できそうな案件をさがし、案件内容や報酬などをよく確認してから応募しましょう。

基本的には応募したら、テストライティングを受ける必要があります。

テストライティングとは、ライターの方が実際に仕事を依頼する技量があるのかを確認するためでこのテストライティングに合格をすれば正式に案件を受注することができます。

ねこ
クラウドソーシングを上手く活用して実績を作ろう!
ロジムラ
実績を作ることができたら、文字単価の高い案件にも応募してみましょう。

Webライターの実際の仕事の流れ

Webライターが実際に仕事を受注してから納品するまでの一連の流れを紹介していきます。

今回は取材などではなく、依頼されたテーマやキーワードの記事を執筆する場合の仕事の流れです。

①仕事を受注する
②執筆する記事に必要な情報をリサーチする
③リサーチした情報を基に構成を作成する
④本文を執筆する
⑤読み直しを行い修正する
⑥クライアントに提出する
⑦修正する
⑧納品

これが基本的なWebライターの仕事の流れです。

細かく見ていきましょう。

1:仕事を受注する

指定された「テーマ」や「キーワード」の指示をもらいます。基本的にクライアントから文字数と納品日を指定されるのできちんと守りましょう。

この時点で読者のどのような問題や疑問を解決する記事なのかを理解することが大切です。(検索ニーズ)

また、どのような読者をターゲットにしているかまで考えることができると更に記事のクオリティがあがります。(ターゲット)

ロジムラ
検索ニーズやターゲットが分からない場合はクライアントに確認をしましょう。

2:執筆する記事に必要な情報をリサーチする

指定されたテーマに必要な情報をリサーチしましょう。

基本的には、ネットで検索をして必要な情報を集めますが、時にはYouTubeなどの動画や書籍などでリサーチを行いましょう。

書籍などで情報を集めるとより質の高い情報を集めることができます。

リサーチした情報はきちんとまとめておきましょう、情報を頭で記憶するだけでは限界があります。ノートなどにまとめておくことで忘れたことをまたリサーチをするといった二度手間を防ぐことができます。

3・4:構成を作成して本文を執筆する

リサーチした情報を基に構成を作成していきます。

構成とは、どの順序で文章を執筆すれば読者の人に伝わるのかを考え記事の全体像を組み立てることです。

ライティングを行う上でいきなり本文を書くのではなく、構成を作成してから本文を執筆することで執筆スピードが格段に速くなります。

5:読み直して修正をする

指定の文字数の執筆が完了して読み直しをせずにクライアントに提出をしてしまう方も少なくありません。

記事のクオリティを上げるためには読み直しは必須です。誤字脱字のチェックはもちろんですが、音読をすることで文章のリズム感や違和感のある部分を修正することができます。

読み直しの回数も3回行う事ができれば更に記事のクオリティが上がり、クライアントからの信頼を勝ち取ることが出来ます。

信頼を勝ち取ることができれば、またお仕事の依頼が来て文字単価もあがっていきます。

6・7・8:クライアントに提出し修正が無くなれば納品完了

⑤までの作業が完了したらクライアントに提出をしましょう。

修正がある場合はそれに従い、修正箇所が無くなり次第納品完了となります。

ねこ
大切なのは、読者にとって読みやすい記事を書くことだよ。
ロジムラ
一つ一つの仕事を丁寧にすることで自然と報酬が上がっていきます。